ネルドリップを楽しもう|コーヒーハンドブック

コーヒーハンドブック

メインイメージ

ネルドリップを楽しもう

最大限にコーヒーを楽しむなら、色々な抽出方法を試してみるのがおすすめ!
抽出方法によって、コーヒーの味わいは大きく左右されるからです。
そして、そんな抽出方法の種類は非常に多岐にわたります。
もちろん、ドリップの方法によって必要となる器具は異なりますから、短期間で全ての方法を試すのは難しいでしょう。
しかし、時間をかけてじっくりと楽しむという気持ちがあれば、ぜひとも色々な方法を使ってみて頂きたいものです。

そんな抽出方法の一つに、ネルドリップが挙げられます。
ネルドリップはフィルターに布を使う方法で、コーヒーの粉をこすように抽出していきます。
蒸らし効果をしっかりと引き出すことができるので、コーヒーの味に個性が出るというのが最大のポイントです。

ネルドリップのネルとは、もともとフランネルと呼ばれている毛織布の略称です。
現在は絹の布を使用するのが一般的。
他の抽出器具との大きな違いとして、コーヒーの粉にお湯が浸透して膨らむときに、ネルも同じように膨らんでいくという点が挙げられます。
コーヒーの粉が湯を吸収していく際に、どんな方向にも膨らむことができるので、コーヒーの味がしっかりと抽出できるのです。

もちろん、この方法に関しては、誰でも簡単にトライすることが可能です。
エスプレッソのようにマシンが必要になることもありません。
ペーパードリップと殆ど同じ器具で抽出できます。
必要になるのはネル(布)だけですし、これは数百円で購入できるものですから、かなりリーズナブル。
特別な豆を使う必要もありません。

淹れ方は、一杯あたり約20gほどのコーヒー豆を使い、ネルの中で粉をならすところからスタート!
これは、湯を注いだときに万遍なく浸透するように行います。
フィルター部分に直接湯をかけないように注意しながら、コーヒーを蒸らしていきます。
この後ゆっくりと抽出を行いますが、ペーパードリップとは違い、ポットではなくネルを動かすのがコツです。

ただし、ネルにも弱点があります。
それが、ドリッパーのように湯を制限する壁がないということ。
細く湯を注ぎ続ける技術が必要になります。

しかし、その分だけネルドリップは淹れる人の個性が強く出るわけです。
抽出のコツはとにかくあわてないこと!
自分のペースを保つことが重要です。
もちろん、ペーパードリップと同じくカップは予め温めておくようにするのが理想的です。